LiteLoaderの導入解説

この記事は3ヶ月以上前に公開・更新された記事です。
そのため情報が最新でなかったり、他のより良い機能が提供されている場合があります。
より最新の情報を知りたい方は、当サイトの他のページを参照したり、公式Discordサーバ「jMS Gamers Club」にて調べたり、質問したりすることをおすすめいたします。

目次

解説環境

以下の環境で解説します。他の環境・バージョンの場合は違う点もあるかもしれませんので、適量読み替えてください。

  • Windows 10
  • Minecraft Version 1.12.2
  • Minecraft Forge 1.12.2 14.23.3.2655
  • Java 1.8.0_171
  • LiteLoader 1.12.2 snapshot EXEバージョン
  • ゲームディレクトリ: C:\Users\USER\AppData\Roaming\.minecraft\GameDirectory\1.12.2_forge (%appdata%\.minecraft\GameDirectory\1.12.2_forge)
  • すでに一度以上起動しており、ファイル・フォルダを生成している

導入方法

1. Forgeを導入しましょう。

※Forgeを導入している場合はこの項は必要ありません。

Forgeの導入解説


上記解説を見ながら、Forgeを導入しましょう。

2. LiteLoaderをダウンロードしましょう。


中央の「choose a major version to see downloads:」の下から1.12(①)を選び、1.12.2をクリックしましょう。(②)


上のような画面になったら「Download EXE」の方をクリックし、インストーラをダウンロードしましょう。

3. LiteLoaderのjarファイルを生成しましょう。



「select installation action」の画面になったら、「Extract LiteLoader jar」を選び(①)、「Choose the minecraft directory for installation/extraction」の欄(②)をデスクトップ(③)に変更してください。(④)
もちろん、デスクトップでなくてもいいですが、一時的に保存先を指定し、後で移動させてしまうものなので簡単にデスクトップに吐き出させるのが適当かと思います。

「Extract successfully」と出たら成功です。

4. デスクトップにあるjarファイルをModフォルダに移動しましょう。


3で生成したLiteLoaderのjarファイルを、MinecraftのModフォルダに移動しましょう。
Minecraftのゲームディレクトリ(今回は%appdata%\.minecraft\GameDirectory\1.12.2_forge)のmodsフォルダに生成したjarファイルをドラックアンドドロップなどで移動してください。

5. LiteLoaderが動作しているか確認しましょう。


起動後に右上あたりになんか付箋のようなものが飛び出ているか確認しましょう。

そこをクリックすると以下のようにLiteLoaderの情報が表示されれば成功です。

(2枚目の画像が英語化されているのは、1枚目をメインで使用しているクライアント画面で撮影してしまったためです…別にあまり変わらないので気にしないでください。)

5. LiteLoaderに対応したModを導入してみましょう。

LiteLoaderに対応したModを導入する場合、できる限りmodsフォルダに生成されるバージョン名(1.12.2等)のバージョンフォルダに入れたほうがよさそうです。(LiteLoaderが生成しているフォルダですし)
LiteLoaderに対応したModは拡張子が「litemod」なファイルです。

公式のModリストからModを探したり、他サイトなどで解説されているModを導入して楽しみましょう。

免責等

ブログ記事作成者及び当サービス「jao Minecraft Server」では、この記事に記載された内容を行ったことによる問題への一切の責任を負いません。 何かを試したり、やってみたりするときには必ず「自己責任」を念頭に。

また、多くの記事は時間を追うことに情報が古くなります。仕様が変わっていたり、そもそも無くなっている可能性もありえるということを覚えておいてほしいです。

「どうしたらいいのだろう?」などと疑問が発生した場合はDiscordの#questionチャンネルにて質問してみましょう。


解説内では、<>で囲まれた文字列が出てくるときがあります。それらは「利用者がそれに適した文字列を打ち込む箇所」ですので、実行する際は置き換えて実行してください。
基本的に、<>は不要です。
例: /say <文字列>とあったら、/say こんにちはなどと、<>ごと置き換えます。

更新履歴

更新日時更新内容
2018/05/02 02:58:47ページ公開
2018/05/20 19:48:17バックスラッシュが正常に表示されていなかったのを修正