jao Minecraft Server では、Minecraftサーバの提供に際してユーザの権限を設定しています。 その中の"Limited Verified"という権限について、この記事でご説明します。

権限"Limited Verified"の概要

  • 諸事情でDiscordサーバに参加できず、DiscordアカウントとMinecraftアカウントを連携できない利用者に対して付与する権限です。
  • 運営が指定する方法(後述)にて申請が行われた場合、運営内での審議・手続きを経て、必要に応じて権限が付与されます。
  • Minecraftサーバ内ではVerifiedと同等の権限グループとなります。WorldEditなどが使用可能となります。

この権限が付与される条件

権限"Limited Verified"を取得するためには、以下の条件をすべて満たすことが必要となります。

  • Discordにおいて次の理由によりアカウントを作成できない利用者であること

    1. ユーザが13歳未満であり、Discord公式が定めるサービス利用規約を根拠に Discordアカウントが作成できないため。
    2. 保護者からの指導により、SNSの利用が禁じられているため。
    3. ファイヤーウォールなどにより、Discordに対するアクセスが遮断されるため。
    4. その他、運営が正当だと認める事由があるため。
  • 申請時の所属権限グループが「Default」であること (Minecraft鯖内で/playerを実行することで確認できます)

  • サーバ内で不適切な言動が見られないこと、その他運営が不適切だと判断するような事由がないこと。

また必須条件とはなりませんが、サーバに長時間ログインしていること(少なくとも累計ログイン時間が1時間は超えていること)も審査の基準となります。

申請方法

  1. 上記の「権限付与条件」をすべて満たしているかを確認しましょう。
  2. 権限付与条件に適合しているか確認できたら、jao Minecraft Serverにログインし、/getuserkeyを実行、UserKeyを取得してください。
  3. 権限グループ「Limited Verified」新規付与申請フォームにアクセスし、指定された項目をすべて埋めて送信してください。
  4. 指定した連絡手段にて、随時運営よりご連絡いたします。

権限の降格と、継続申請について

Discordに参加せずにVerified権限を取得することになるため、付与に際し次の制限が設けられます。

  • Limited Verified権限は認可から90日間の期間限定(LV期間と呼びます)とします。その後は自動的に権限が解除されDefault権限に戻ります。
  • 期限日から前後15日以内であれば、運営に対して期限の90日延長申請が行えます。
  • 期限日から15日以内に延長の申請がなかった場合には、所有されている自治体・鉄道などは運営の管理物となります。
  • 自治体関連の申請などは現在専用フォームを制作しています。フォームが完成するまで、Limited Verified権限の利用者は自治体申請ができません。
  • 各種お知らせ等は基本的にDiscordで行っているため、Discordに参加できない以上お知らせを知ることがあまりできません。

備考

  • 申請内容をもとに、運営は権限付与の認否を検討します。
  • Limited Verified権限を付与された場合、/playerなどでの表記はVerifiedとなります。
  • Limited Verified権限のプレイヤーはGoogleドライブのスプレッドシートで管理をしています。