bookコマンドで購入できるアイテムの複製について

この記事は3ヶ月以上前に公開・更新された記事です。
そのため情報が最新でなかったり、他のより良い機能が提供されている場合があります。
より最新の情報を知りたい方は、当サイトの他のページを参照したり、公式Discordサーバ「jMS Gamers Club」にて調べたり、質問したりすることをおすすめいたします。

初めに

この記事は旧Webサイトから全文をコピーして作成した記事となります。執筆時の時点では記事の内容に特に変更はありませんが、今後変わる可能性はありますことをご了承ください。


2018/01/27に導入したbookコマンドについて、複製の禁止に関する点を細かく解説いたします。

2018/01/27 15:43:06に利用規約を更新し、「jaoポイントにて販売されるサーバ内のアイテム等についての複製などの行為を禁止」を追加しました。
しかしながら、Discord#supportでの問い合わせを受け、管理部内で再度話し合いを行ったところ、以下のような形にすることで決定いたしました。

  • 利用規約は違反するとなにかしらの罰則規定があるため、利用規約に記載するのは良くない。
  • しかしながら、購入した時点で販売者に対して購入分のjaoポイントが追加されるため、購入者が許可なく複製し、販売者にjaoポイントが入らない形で流通することは避けたい。
  • そのため、このような形でブログ記事として注意をしておき、万が一発生した場合は罰則を行わないものの、複数回その行為を行った場合は別の規約(迷惑行為等)に違反したという処罰を行う

開発者個人視点から意見を言いますと、jaoポイントをより多くの場面で使用してもらうために作った一つの機能です。それを回避するかのように本を取り扱われると、こちらの意思とは真逆の使い方をされ気分はよくあません。
しかしながら、話し合いを行ったところ「自由度を阻害しすぎではないか」という意見が見られました。実際その通りです。
条文を新たに制定した理由として、購入によって執筆者にjaoポイントが追加されるのだから、それを回避するような本の流通を行われると、執筆者にはなんの得にもなりません。
それを禁止するために条文を制定したのですが…。まあ利用者が利用者なりに、人に迷惑をかけないレベルで楽しんでいただければいいかと思ったりしています。

結論

今まで通り、「jaoポイントにて販売されるサーバ内のアイテム等についての複製などの行為を禁止」は残します。
しかし、利用規約で規定せずこの記事で禁止するような記載にし、罰則規定を取り付けないこととします。
ただし、その行為が複数回見られ、それが販売者が被害を被るような行為であった場合(購入者が許可なく未購入者に対して送ったり、販売したりする行為)は、サーバルール違反として処罰する場合があります。
個人利用の範疇で、バックアップを取る等の行為は問題ありません。他、販売者が販売者の意思でプレゼントするような行為についても、販売者が許可している場合にのみ問題ありません。