Limited Verified新設のお知らせ

2019/09/03から運用しております、新サーバでの新権限管理にて新しく管理上の権限として「Limited Verified (LV)」を新設いたします。

目次

新権限の概要・立ち位置

「Limited Verified」は、SNS利用を保護者から制限されている場合やその他妥当な理由により、権限グループ「Verified」を取得することができない利用者に対し、利用者からの申請のもとで一定期間の期限を設けた上で「Verified」を付与した利用者を総称した運営上の権限グループです。
権限グループとしては作成しません。

立ち位置としてはDefaultとVerifiedの間となります。

権限付与条件

「Limited Verified」を取得するには、次の条件をすべて満たす必要があります。

  1. Discordにおいて次の理由などによりアカウントを作成できない利用者であること
    1. 保護者からの指導などによりSNSなどの利用を禁じられている場合
    2. ファイヤーウォールなどにより、Discordに対するアクセスが遮断される場合
    3. その他、運営が正当と認められる理由の場合
  2. 申請時の所属権限グループが「Default」であること (Minecraft鯖内で/playerを実行することで確認できます)
  3. 申請時に累計ログイン時間が10時間を超えていること (ユーザーページで確認できます)
  4. EBanを複数回受けていたり、MCBansのReputationが低かったりしないこと

権限付与までの流れ

  1. 自身の権限がDefaultであるかを確認しましょう。Minecraftサーバ内で/playerを実行するとあなたの権限グループが表示されます。
  2. 自身の累計ログイン時間が10時間を超えているかを確認しましょう。ユーザーページで確認できます。
  3. その他、上記の「権限付与条件」をすべて満たしているかを確認しましょう。
  4. 1から3を確認できたら、jao Minecraft Serverにログインし、/getuserkeyを実行、UserKeyを取得してください。
  5. 権限グループ「Limited Verified」新規付与申請フォームにアクセスし、指定された項目をすべて埋めて送信してください。
  6. 指定した連絡手段にて随時運営よりご連絡いたします。

Verified権限付与にあたる制限

Discordに参加せずにVerified権限を取得することになるため、付与に際し次の制限が設けられます。

  • Limited Verified権限は認可から3か月間の期間限定(LV期間と呼びます)とします。その後は自動的に権限が解除されDefault権限に戻ります。
  • 期限日から前後15日以内であれば、運営に対して期限の3か月延長申請が行えます。
  • 期限日から15日以内に延長の申請がなかった場合には、所有されている自治体・鉄道などは運営の管理物となります。
  • 自治体関連の申請などは現在専用フォームを制作しています。フォームが完成するまで、Limited Verified権限の利用者は自治体申請ができません。
  • 各種お知らせ等は基本的にDiscordで行っているため、Discordに参加できない以上お知らせを知ることがあまりできません。

その他

  • 申請したからといって必ず付与されるとは限りません。ご了承ください。
  • Limited Verified権限を付与された場合、/playerなどでの表記はVerifiedとなります。
  • Limited Verified権限のプレイヤーはGoogleドライブのスプレッドシートで管理しています。Limited Verifiedプレイヤーリスト