この記事では、建築をサポートするプラグイン「WorldEdit」の解説をします。
プラグイン「WorldEdit」に関するコマンドの使用方法や、当サーバで使用する上で注意する点などを記載します。

当サーバでは、Verified権限以上を所持しているユーザーにWorldEditを公開しています。つまり、Discordアカウントさえあれば誰でも利用可能です。

解説環境

  • Paper 1.16.5
  • WorldEdit 1.16-638;b96cea7

基本

WorldEditは、基本的に「木の斧で範囲選択 + コマンド実行」で使用します。

範囲選択の方法

  1. //wand」または通常のクリエイティブインベントリ(Eキーで開く)から「木の斧」を取り出します。
  2. 木の斧を持って、(以下の画像の通りであれば)緑のブロックを「左クリック」、赤のブロックを「右クリック」して、範囲を確定させます。当サーバではWorldEditCUIを導入していなくても、選択した範囲が可視化されます。
  3. コマンドを実行します。ここで「//set stone」と実行すると、範囲内が石ブロックに置き換えられます。(コマンドは後で解説します)

WorldEditの範囲指定(平面)

上の画像は、平面に範囲を選択していますが、以下の画像のように立体的に範囲を指定することもできます。

WorldEditの範囲指定(立体)

コマンド

WorldEditのコマンドは、基本的に「//」(スラッシュ2本)から始まります。 この項目では、よく使うコマンドを詳しく解説します。

  • []内のものは必須、<>内のものは任意で入力してください。実際にコマンドを実行する際は[]や<>を含まないでください。
  • <方向>の部分は、n(北) e(東) s(南) w(西) d(下) u(上)と指定することができます。何も入力しないと自分が向いている方向が指定されます。

基本コマンド

使用頻度が高そうな基本的なコマンドです。

//set [ブロック名]

指定した範囲内にブロックを設置します。

  • ブロック名の部分には「stone」などを指定してください。「hand」を指定すると手に持ってるアイテムを設置します。

ブロックID(例: 1stone)は1.13で廃止されましたが、1.12以前のブロックであればブロックIDでブロックを指定することができます。

//move [数] <方向>

指定した範囲内のブロックを、指定した数だけ指定した方向に動かします。

//stack [数] <方向>

指定した範囲内のブロックを、指定した数だけ指定した方向に繰り返しコピーします。

//replace [ブロック名(A)] [ブロック名(B)]

「ブロックA」を「ブロックB」に置き換えます。replacerepと省略することも可能です。
//rep grass_block stone」と実行すると、範囲内の「grass_block(草ブロック)」を「stone(石ブロック)」に置き換えます。

//overlay [ブロック名]

指定したブロックを積み上げます

//outline

選択範囲を基準に、指定したブロックで中が空洞な箱を作ります。

クリップボードコマンド

クリップボードコマンド

//copy

選択した範囲内のブロックを、クリップボードにコピーします。

//paste

クリップボードに保存されたブロックを貼り付けます。 「//paste -a」と実行すると、地面をえぐること無くブロックを貼り付けることが出います。

//cut

選択した範囲内のブロックを切り取ります。

//rotate <角度>

選択した範囲内のブロックを、指定した角度だけ回転させます。 //rotate 90や//rotate -90と指定します。

//flip <方向>

選択した範囲内のブロックを、指定した方向に反転させる。

/clearclipboard

クリップボードの中身を削除します。

履歴コマンド

何か間違った操作をしてしまったら、焦らず以下のようなコマンドを実行して対処してください。

//undo <数>

WorldEditのコマンド実行前の状態に巻き戻します。巻き戻す数を指定することも可能です。

//redo <数>

//undoコマンド実行前の状態に巻き戻します。巻き戻す数を指定することも可能です。

生成コマンド

生成コマンド

高さが指定されていない場合は、1ブロック分だけ生成されます。

//hcyl [ブロック名] [半径] <高さ>

現在地点を中心とした、中に空洞のある円柱を生成します。

//cyl [ブロック名] [半径] <高さ>

現在地点を中心とした、中に空洞のない円柱を生成します。

//hsphere [ブロック名] [半径]

現在地点を中心とした、空洞のある球体を生成します。

//sphere [ブロック名] [半径]

現在地点を中心とした、空洞のない球体を生成します。

//forest

指定した範囲内に、森(木)を生成します。

//flora

指定した範囲内に、植物を生成します。

//regen

指定した範囲内を再生成します。超高負荷注意

※現在のメインワールドは1.12.2時代に生成されたものなので、再生成をすると地形や構造物が変動する可能性があります。

選択コマンド

選択コマンド

//pos1

現在地点を、木の斧で左クリックしたときと同じように選択します。「//1」でも可能です。

//pos2

現在地点を、木の斧で右クリックしたときと同じように選択します。「//2」でも可能です。

//sel

範囲選択を解除します。

//chunk

現在地点のチャンクのブロックを全て選択します。高さは自動的にy0〜y256まで指定されます。

//expand [距離] <方角>

指定された方向へ指定された距離、選択範囲を拡大します。

//expand vert

選択した範囲をy0~y256までを選択します。WorldGuardなどの保護への使用を推奨します。

使用する上での注意点

WorldEditは、可能性を広げてくれる一方で、一歩間違えると大変なことになってしまうことがあります。
使用する前によく使い方を調べたり大規模な編集を一度に行わず、分割して作業するなどサーバへの負荷をなるべく小さくするようにしてください。(明確な規定はありませんが、常識的範囲で)

選択範囲可視化について

当サーバでは、プラグインによって選択された範囲が可視化されますが、範囲が大きすぎると表示されなかったり、見にくかったりと不便な面もありますので、WorldEditCUIというModを導入することをお勧めします。
複雑な形の範囲指定(以下の画像のようなもの)の方法なども解説されています。

WorldEditの範囲指定(ポリゴン選択式)

解説記事