利用規約 (2018/07/16まで)

  • 最終更新:2018-07-16
  • 最終更新者:Tomachi
この記事は2019年09月以前に閲覧されることを目的として公開されたもので、情報が最新ではない可能性があります。

当利用規約は2018/07/16いっぱいを以て規約としての効果を失い、新しい利用規約が2018/07/17より施行されます。
ただし、2018/07/16までに行われた各種処罰は当規約が適用されます。2018/07/17以降の各種処罰は新しい利用規約が適用されます。


この「jao Minecraft Server利用規約」(以下本利用規約とします。)は、jao Minecraft Serverのサイト・Minecraftサーバ、および管理部・モデレーターの管理する関連サービス・サーバ(以下、本サービスとします。)を利用するための利用条件を示したものです。
本利用規約は、本サービスを利用するすべての場合において適用されます。また、プレイヤーが本サービスを利用した時点で本利用規約に同意したものとします。

目次

  1. 目次
  2. 第1条 定義
  3. 第2条 本サービスの利用条件
  4. 第3条 本サービスの禁止要項
  5. 第4条 本サービス内容の保証、制限および変更
  6. 第5条 本サービスの再利用の禁止
  7. 第6条 プレイヤーの責任
  8. 第7条 財産権について
  9. 第8条 利用料金について
  10. 第9条 広告について
  11. 第10条 本利用規約について
  12. 第11条 著作権について
  13. 第12条 jaoポイント
  14. 第13条 Honeypotについて
  15. 第14条 jaoアカウントについて
  16. 第15条 当Discordサーバについて
  17. 第16条 投票について
  18. 更新履歴

第1条 定義

  • 本サービスの利用者のことを「プレイヤー」と呼びます。
  • 本サービスの全体的な管理・運営を行うプレイヤーらを「管理部」もしくは「運営」と呼びます。これらには「モデレーター」も含まれる場合があります。
  • 別に定める、jao Minecraft Serverでの公式サーバルールを「サーバルール」と呼びます。
  • サーバルールを理解した上で同意し、サーバルールにて指定された行為を行うことを「アカウントアクティベーション」と呼びます。
  • jao Minecraft Serverのサイトでの投稿や編集をするためのアカウントを「jaoアカウント」と呼びます。
  • 管理部がプレイヤーに対し、一定の条件のもと付与する権限を「常連権限」と呼びます
  • 管理部が公式として認めるチャットツール、Discordのサーバのことを当Discordサーバと呼びます。
  • 本サービス内でのみ使用できる電子的仮想通貨のことをjaoポイントと呼びます。

第2条 本サービスの利用条件

以下の利用条件を全て満たしたプレイヤーが本サービスの利用をすることができるものとします。

  • 日本語を話すことができること
    サーバに入って日本語以外の言語を連続して投稿し、管理部や常連がわざわざそれらの意味を判断し対応に時間が取られるような行為を行った場合、迷惑行為として処罰することがあります。(日本人と明確に判断できない場合のみの話です。)
    ここは日本語、日本人オンリーのサーバです。各プレイヤーが楽しくサーバ内で活動するために、必ずお守りください。
  • 日本国内に在住していること
  • 過去に在住国、もしくは地域の法令に違反していないこと
  • 過去に公序良俗や社会規範への違反がないこと
  • 他のサーバにおいて悪質な荒らし行為などの問題行為がないこと
  • 本利用規約とサーバルールに同意していること
  • MCBansにおいて評価値3以上を持っていること

第3条 本サービスの禁止要項

本サービスを利用するにあたり、以下に定める行為を禁止します。

  • サーバルールで規定されている禁止事項を行う行為
  • 本サービスの運用に問題が生じるような行為
    (自動アクティベーションを含まないアカウントアクティベーションを行っていないプレイヤーに対しアカウントアクティベーションを行うよう説明する行為を含みます。)
  • 第三者が迷惑を被るような行為
  • 第三者の個人情報を悪用する行為
  • ハッククライアントや特定のチートMod等、本サービス内で被害が生じてしまう可能性があるものを導入・使用する行為
  • 日本国内の法令及びインターネット上において一般的に遵守されている規則(一般的常識を含みます。)などに違反する又は違反するおそれのある行為。
  • MINECRAFT エンド ユーザー ライセンス条項 – Mojangに違反する行為
  • Terms and Conditions – Mojangに違反する行為
  • Minecraft公式サイトにて購入した、有効なMinecraftアカウント以外のアカウントを使用する行為
  • 性的発言及びそれに値する公序良俗への許容範囲外の違反
    必要以上(許容範囲外)の性的発言、またはそれに値する公序良俗への違反行為を禁止します。
    多少なら容認する場合もありますが、複数回繰り返しての発言、あまりにも度が過ぎた発言など、他の人が「不快だ」と思われる発言は場合によって処罰される場合があります。
  • 禁止要項に該当する行為を助長、もしくは援助する行為
  • 複数のアカウントを同一人物が使用する行為
    本サービスでは、一番最初のログインに使用されたアカウントを「メインアカウント」とし、それ以外でのアカウントでのログインを原則許可いたしません。
  • 1つのアカウントを複数人物が使用する行為
  • その他、管理部が本サービスを利用するにあたり不適切と判断する行為

第4条 本サービス内容の保証、制限および変更

  • 管理部は、本サービスの内容について、瑕疵(かし)もしくはバグがないことを保証していません。
    管理部はそれらの瑕疵やバグをなるべく除去する努力義務を負いますが、それらによって生じた一切の問題についての責任を負いません
  • 管理部は管理部の判断により、プレイヤーの行動を制限できます。
    プレイヤーは管理部が必要とした際に一部行動を制限される等、本サービスを利用するにあたって一定の制限を被ることがあります。
    管理部は管理部の判断によってプレイヤーに権限を付与し、制限されていた特定のサービスを利用できるようにすることができるものとします。
    逆に、管理部は不審な行動などを行うプレイヤーの権限を通知なく変更する場合があります。
  • 建築物は連絡が取れない場合管理部が撤去や移動することができます。
    プレイヤーが本サービスのMinecraftサーバ内において作成した、完成していない建築物は作成者のプレイヤーと連絡を取ることが困難である場合、管理部によって撤去・移動される可能性があります。それにおいて作成者のプレイヤーは、移動後の建築物については所有権を主張できませんが、内部サービスを用いて保存される移動・撤去前の建築物を復元でき、再度所有権を主張できるものとします。但し、自治体の管理人に対して移動・撤去に際して内部サービスに保存することを強制しないため、復元は必ず行われるものではありません。
  • 管理部・モデレータは現実世界の活動に支障の出ないような形でサービス運用を行います。
    現実世界での活動をある程度優先し、その上でサービスの提供を行うため、対応を行えないタイミングや時間帯というものがあります。
    プレイヤーは管理部・モデレータに対して様々な問い合わせ等を行う場面があるかと思いますが、その際に短時間に複数回の問い合わせ、暴言等が見られた場合は必要に応じて発言権の取り上げ、サービスの利用を制限する処置を取る場合があります。これは必要以上に問い合わせ等をされると本来不要な運営作業が必要となるためです。迅速な運営のための規約ですので、必ずお守りください。
  • 管理部は事前通知無しにサービスを変更や停止できます。
    管理部は、管理部が必要と判断する際に、あらかじめプレイヤーに通知することなく、本サービスの内容を一部もしくは全てを変更し、また本サービスの提供を終了する事ができます。

第5条 本サービスの再利用の禁止

管理部が作成した本サービス内のシステム・サービス・プラグインの内容、機能を明確な許可なく他サービスのシステム・サービスの内容、機能に利用することを禁止します。

第6条 プレイヤーの責任

  • プレイヤーは行動に責任を持たなくてはなりません。
    プレイヤーは、プレイヤーの責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいてプレイヤーが(意図的か否かを問わず)行ったすべての行為およびその結果についてプレイヤーは一切の責任を負うものとします。
  • プレイヤーが行った行為は全てそのアカウントの所持者に責任があります。
    本サービスにおいて、プレイヤーがプレイヤーのアカウントにおいて行われた行為は全てそのアカウントを所持するプレイヤーによって行われたものと見なします。
  • プレイヤーが本サービスを利用するためのサポートについて管理部は行いません。
    本サービスをプレイヤーが利用する場合、インターネットにアクセスする必要があります。そのために必要なあらゆる機器、アプリケーション、ソフトウェア、通信手段などはプレイヤー自身が各自の費用と責任の上で準備、設置、操作をしていただく必要があります。管理部はプレイヤーの準備、設置、操作に関する責任を負わず、それのサポートも行いません。
  • プレイヤーは開示した情報に責任を持たなくてはなりません。
    本サービス内、もしくは本サービスに関係するすべてのサービスにてプレイヤーが意図的で無くても開示したテキストや音声、動画、画像や画像に付随する情報など、個人情報(在住地域、本名、年齢、性別などを含む)や位置情報などのすべての情報内容は開示したプレイヤーに責任があります。本サービス内、もしくは本サービスに関係するすべてのサービスにてプレイヤーが開示した情報について管理部は一切の責任を負いません。
  • プレイヤーはサーバ内でのパブリックチャットを見ることができます。
    本サービスでは、当DiscordサーバとMinecraftサーバのパブリックチャットとの連携を行っています。全ての発言はロギングされ、特定の権限を持ったプレイヤーであればそのチャット内容を自由に閲覧することができます。
  • プレイヤーはアカウントアクティベーションをしなければなりません
    本サービス利用時に、本サービス内で指定するアカウントアクティベーション行為をプレイヤーは行わなければならず、これを行わないと一部の行動を行うことが出来なくなります。但し、このアカウントアクティベーションは管理部によって自動的に処理される場合もあります。
  • プレイヤーは、利用規約に同意した時点で『アイテム「jaoium」取り扱い規約』に同意したものとします。
    プレイヤーはアイテム「jaoium」の取り扱い時にこの規約を確認し、同意したうえで取り扱うことができます。
  • プレイヤーが利用規約やサーバルールに違反した場合、管理部は適切な処分を行います。
    プレイヤーが本利用規約、もしくはサーバルールにおいて、それらを違反した場合、管理部が必要、かつ適切であると判断した処分を実行します。また、管理部はかかる違反を防止、または是正する義務を負いません。
  • プレイヤーが各自治体の条例に違反した場合自治体管理者と話し合い後適切な処分を行います。
    プレイヤーが各自治体の条例を違反した場合は、その自治体の管理者と管理部にて決定した処分を実行します。管理者と連絡を取ることが困難であると管理部が判断した場合は管理部のみで処分を決定します。
  • プレイヤーは本利用規約が第10条に定める規定により破棄された場合、建築物の所有権を失います。
    プレイヤーは本利用規約が破棄された場合、本サービス内で建築された建築物の所有権、公開した情報の所有権などは全て管理部に所有権が移動され、管理部は自由に所有物を移動・撤去することができます。
    また、再度利用規約に同意しても、既に管理者に所有物が移動したものについては返還を求めることができない場合があります。
  • プレイヤーは本利用規約が第10条に定める規定により破棄された場合、当サービス内、及びそれらに関係する管理部が運営するサービスでのアカウントは停止処分を受けます。
    プレイヤーは本利用規約が破棄された場合、プレイヤーが管理する当Discordサーバに登録されたアカウント、jaoアカウント等を管理部は原則停止・禁止します。ただし管理部が必ずそれらのアカウントの停止・禁止処分を行なうということを義務付けるものではありません。また、即座に処分が行われなかったために今後も処分されないという保証はありません。管理部の判断により処分が必要であると判断した際に処分します。
  • プレイヤーは本サービスを利用して管理部や第三者が損害を負った場合責任を負う必要があります。
    プレイヤーは、本サービスを利用したことに起因して、管理部を含む第三者が直接的、もしくは間接的に、何らかの損害を被った場合、その責任を負う必要があるものとします。管理部はプレイヤーが本サービスを利用したことに起因して、プレイヤーに生じたあらゆる損害や障害について一切の責任を負いません。

第7条 財産権について

管理部は本サービスに含まれる情報や、管理部が運営する他サービス、本サービスやアプリケーション、プログラムやソフトウェアに関する財産権を保有しています。

第8条 利用料金について

本サービスを利用するにあたり、プレイヤーが利用料金を支払う必要はありません。
しかし、プレイヤーが、本サービスの維持費としてサーバに寄付して頂くことは可能です。詳しくは管理部にお問い合わせ下さい。

第9条 広告について

本サービス内では、管理部の判断により本サービスの維持のために、広告を設置することが出来るものとします。

第10条 本利用規約について

  • 本サービスを利用した段階でプレイヤーは本利用規約に同意したものとします。
    プレイヤーが本サービスを利用した場合、プレイヤーは本利用規約を理解し、同意したものとします。
  • 管理部は以下の場合によってプレイヤーが同意した本利用規約を破棄することができます
    • 本サービスへのアクセス・ログイン禁止処理を行われた場合
  • 管理部は事前通知無しにサービスを変更や停止できます。
    管理部は、管理部が必要と判断する場合、あらかじめプレイヤーに通知することなく、いつでも、本利用規約及び本サービスに関連する規約を変更できるものとします。
  • 本利用規約以外にも当サイト内に設置された関連規約も効力を生じます。
  • 利用規約や関連規約は掲示された時点で効力を生じます。
    変更後の本利用規約および本サービスに関連する規約は、本サービスの適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、プレイヤーは本利用規約および本サービスに関連する規約の変更後も本サービスを使い続けることにより、変更後の本利用規約および適用のある本サービスに関連する規約に対する有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。
    かかる変更の内容をプレイヤー個人に通知することはいたしかねますので、本サービスをご利用の際には、随時、最新の本利用規約および適用のある本サービスに関連する規約をご確認ください。

第11条 著作権について

本サービスに掲載された情報、写真、その他の著作物は、当サーバもしくは著作物の著作者または著作権者に帰属するものとします。
プレイヤーは、当サーバ著作物について許可なく、複製、転用、公衆送信、譲渡、翻案および翻訳などの著作権、商標権などを侵害する行為を行ってはならないものとします。
当サーバ内の造形物データは一定の権限を所持することで自由に得ることができます。また、プレイヤーに権利のある造形物データをサーバ内に設置することも可能です。

第12条 jaoポイント

jaoポイントは、本サービス内でのみ使用できる電子的仮想通貨です。
jaoポイントは本サービス内で提供される一部の機能やサービスの使用に際し必要となり、その機能やサービスを使用した時点で、使用したプレイヤーから管理部の指定するjaoポイントが減算されます。
jaoポイントには、現実世界の金銭との互換性はなく、原則として現実世界での経済上の利益とjaoポイントを交換することは出来ません。
管理部は瑕疵やバグによって本来行われるはずだったのにも関わらず、行われなかったjaoポイントの加算処理について、原則としてプレイヤーからの正当な補填希望があってのみ、その補填を行います。
補填希望が行われなかった、もしくはその補填希望が正当でなかった場合、補填されない場合があります。
また、補填希望が有効な期間は本来加算される日時から3週間(24日間)とします。但し、管理部が別に有効とする場合を除きます。
jaoポイントの不正利用を禁止します。管理部は不正利用を防ぐため、定期的にプレイヤーの明細を確認し、不正がないかどうか確認します。
不正が行われていた場合は処罰等を行う場合があります。
管理部はjaoポイントの提供を事前の予告なく中止・終了することができるものとします。

第13条 Honeypotについて

本サービスでは、悪質な行為を行うプレイヤーに対し早急な処罰を行うため、プラグイン「HoneypotChecker」を導入し管理部が指定した一部場所において一定回数、一定期間中に破壊した場合、自動でMCBansLocalBanを行います。
管理部はこの処罰を確認後、現地にてこのBanが正当であるかを確認し、正当であると認められた場合には原則証拠画像を添えたうえでそのBanをGlobalBanに切り替えて処罰します。
あくまでも悪質なプレイヤーを処罰するものであり、意図しない破壊(いわゆる「ミス破壊」)でBanされることを防ぐよう、一定期間でデータが削除されるシステムです。
万が一、ミス破壊でLocalBanされてしまった場合は、Banから1時間以内にお問い合わせもしくは他サービスを用いて、管理部に連絡を行ってください。このお問い合わせが確認されない場合で、管理部が正当であると認めた場合はGlobalBanを行い、その後の対応に関してはMCBansの異議申し立てを通じてお問い合わせをしていただく必要があります。

第14条 jaoアカウントについて

本サービスでは、サーバにログインした時点で「jaoアカウント」と呼ばれるjao Minecraft Serverのサイト用アカウントが作成されます。
このアカウントでは、サーバ内での権限を元に、新規記事の作成、ページの作成・編集などを行うことができます。他にも、jMS Galleryへの投稿を行うこともできます。
なお、このjaoアカウントにて不正等が発覚した場合、本利用規約内容に違反する場合は処罰が行われる場合があります。

第15条 当Discordサーバについて

第1条で定義したとおり、管理部が公式として認めるチャットツール、Discordのサーバのことを当Discordサーバと呼びます。
このサービス(サーバ)内では原則本利用規約が適用されます。管理部はこのサービス内において管理部の判断でプレイヤーの管理、チャットの管理やログ管理等を行うことができますが、各プレイヤーが発言した内容、掲載した画像や動画等のメディア等の情報については第6条で定めたとおり、開示したプレイヤーに責任があります。本サービス内、もしくは本サービスに関係するすべてのサービスにてプレイヤーが開示した情報について管理部は一切の責任を負いません。
また、このサービス内においても、第3条で定められた「性的発言及びそれに値する公序良俗への許容範囲外の違反」の規約は適用されます。管理部が許容範囲外、と判断した場合は警告、もしくは相応の処分を行う場合があります。また管理部は自身の良心に基づいて判断することを基本とします。
管理部は原則すべてのチャンネルにおいて、チャット内容及びメディアデータのロギングを行っています。プレイヤーによってそれらの投稿が削除された場合でも他プレイヤーが管理部に情報開示を要求した場合、個人情報の保護等による開示不能時を除き、管理部での話し合いの上開示を行う場合があります。
管理部は当Discordサーバ内で本サービスに関する情報等を通知・連絡する場合があります。但しそれらの情報について管理部は情報の確実性等を保証する事はできません。但し管理部はそれらの情報が誤っていたことを確認した場合、原則訂正の通知を行うこととします。
また、これらの情報は情報を必要とするプレイヤーのみに通知され、管理部が必要ではないと判断したプレイヤーには通知しない場合があります。これらの判断は管理部で行い、判断の内容や理由について開示することは原則行いません。
なお、第6条で定められたとおり、プレイヤーは本利用規約が破棄された場合、プレイヤーの管理するDiscordアカウントでの当Discordサーバへのログイン・参加を管理部は原則停止・禁止します。ただし、管理部が必ずそれらのアカウントの停止・禁止処分を行うということを義務付けるものではありません。また、即座に処分が行われなかったために今後も処分されないという保証はありません。管理部の判断により処分が必要であると判断した際に処分します。

第16条 投票について

  • 投票特典はJapan Minecraft Serversの投票のみ付与するものとします。
    これ以外の投票サービスにおいての投票は投票特典の対象とはなりません。
  • すべての投票補填有効期間は3週間(24日間)とします。
  • 投票補填有効期間を超えての投票補填希望は行えません。
  • 正常に投票特典処理がされなかった場合、自動で補填処理を行いますが、その補填処理も失敗した場合は利用者が投票補填希望を行います。
    場合によっては管理部が事前に利用者に通知せずに補填処理を行う場合があります。
  • 投票補填希望時には原則以下のものを利用者が用意します。(用意できない場合は管理部が確認するが、その分処理に時間がかかります)
    • 投票したことを確認できるもの
    • 投票処理に失敗したことを確認できるもの
  • サブアカウントを使用した投票を禁止します。(利用規約第3条に違反したものと見なします)
  • Minecraftサーバ、Webサーバがオフラインの時に投票した場合は投票補填対象とします。なお、その場合においても投票補填有効期間内に補填希望がなかった場合は無効とします。

投票に関する詳しいルールなどは投票について – jao Minecraft Serverで別に定義するものとし、定義されたルールについても利用規約の一部として処理するものとする

更新履歴

更新日時更新内容
2018/03/30 21:21:29ページ公開
2018/04/03 23:46:10第10条の一部変更
2018/04/05 17:16:27第13条が2つもあった問題を修正
2018/04/20 20:39:55利用条件に「他のサーバにおいて悪質な荒らし行為などの問題行為がないこと」を追加
2018/05/10 22:55:16第4条へ「管理部・モデレータは現実世界の活動に支障の出ないような形でサービス運用を行います。」の追加
2018/07/16 21:56:54利用規約の期限追加(2018/07/16まで)
2018/07/16 22:07:402017年と2018年間違えてました